ビザの変更

外国人の方々は、上陸・在留の許可に際して決定されたビザ(正式には在留資格といいます。)をもって在留することとされていますが、在留中に在留目的を変更したため、他のビザに変更せざるを得ない場合があります。

ビザの変更を希望する場合には、入国管理局にビザの変更を申請することができます。この申請は正式には、在留資格変更申請といいます。

 

「つつじ国際法務」では、ビザの変更について、お客様の代わりに、申請書、添付書類を作成し、入国管理局への提出代行、コンサルティングまでをフルサポートいたします。

 

ビザの変更申請は、新しいビザに該当する活動を行う前にお近くの入国管理局へ出頭して行います。

この申請は、ご本人が行うのが原則ですが、特定の場合、たとえば本人が16歳未満の場合などに、家族による代理申請が認められています。 

また、私どものように入国管理局に届け出た行政書士は、その申請を取り次ぐことが認められています。

よって、弊所にご依頼いただいたお客様は、入国管理局に出頭する義務が免除されます(一部例外があります。) 。わざわざ2度も仕事を休まなくて済むので便利ですよね。

 

ビザの変更は、法務大臣が「変更を適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り、許可することができる」ものとされています。よって、申請すれば誰でも許可されるものではありません。

したがって、素行に問題があったり、留学生として在学しているのに欠席が多かったり、偽装結婚をしていたり、夫婦関係が破綻していたりすると、在留期間の変更が認められない場合があります。弊所にご依頼いただいた場合は、あらかじめそのような点を確認し、必要があれば釈明書類を添付した上で申請します。

在留期間の変更の許可があると、パスポートにビザの証印が押されるか、在留カードが交付されます。入国管理局へ納付する手数料は4000円です。

 

相談はこちら

 

ビザ変更申請代行サービスのご利用料金はこちらをご覧下さい